WordPress

ブログを始める

投稿日:2017年1月4日 更新日:

自分のブログ=サイトを始める
後々にアフィリエイトで収入を得たい人は特に自分が運営する独自のウェブサイトを作成たいですよね。
アメブロ等の無料ブログは便利ですが、アフィリエイトに関しての規正があります。
本格的に始めたい人には『お金を払って自分のサイトを建て、ブログを開始する』ことをおススメします。必要経費は契約によりますが、月1000円〜2000円を目安にしてください。
自分のサイトを始めれば、GoogleアドセンスやAmazon等のASP(Affiliate Service Provider)に登録し、承認後すぐに広告スペースに配布されたコードを入れることが可能になります。

では、どうやって自分のサイトを持ち、ブログを始めるか?を説明します。

1.ドメイン取得とサーバー契約

アフィリエイト広告の規正のある無料サイトに属するのではなく、独自のウェブサイトを始めるのがお金を儲けたい人にはお薦めです。

ドメインとはwww.????.comなどサイトのアドレスです。
サーバーとは作ったサイトを保存し、ネットワークで閲覧可能するサービスです。この二つが独自のサイトを運営するには必要になります。

ググってみると、月90円のサーバもありますね。どのようなサービスが利用できるのかもチェックしてみましょう。

目安としてはドメインが年1000円〜2000円、サーバが月1000円ぐらいでしょうか。もっと格安で初めて、必要に応じてアップグレードしてみるのもお薦めです。同じサーバ会社内でのアップグレードならファイルやデータの引越等の手間は要りません。

2. WordPressをインストールする

ドメインとサーバーの準備が出来たら、WordPressの無料版をダウンロードして独自のブログを始めましょう。

WordPressをインストールする2つの方法
1. 自動インストール: サーバー契約に『WordPress自動インストール』があれば、自動でインストール出来ます。メリットは「簡単」。データベースの作成や名前の設定、記述なしで、WordPressが始められます。EメールでWordPressからログイン先のお知らせが送られてきます。所要時間は10分以内。
2. マニュアルでインストール: WordPressのファイル一式をダウンロードし、契約サーバーにアップロード。その後、データベースの設定する方法。サーバーが提供するコントロールパネルの使い方に慣れていれば30分でインストール完了しますが、そうでなければ1時間ぐらいでしょう。

1.の自動インストールはサーバーのコントロールパネルにログインすると簡単に出来ますので、2.の方法を説明します。

まず、https://wordpress.org/download/で”Download WordPress 4.7″(もしくは最新バージョーン)をクリックし、お好きな保存先を指定。ファイル名は変更しても、しなくても大丈夫。変更しない場合は、「wordpress-4.7.zip」になります。

保存先に「wordpress-4.7.zip」が見れます。解凍ソフトを持っていれば、クリックかドロップで解凍します。解凍ソフトがなければインストールする必要があります。「無料解凍ソフト」でググってください。

サーバーのコントロールパネルにログインし、ファイルマネージャー内解凍されたすべてのファイルをアップロードします。手持ちのWebソフトを使っても同じことです。

次にコントロールパネル内でMySQLデータベースの設定をします。「作成」でお好きな名前を付けます。英数で短い名前でよいでしょう。パスワードも付けます。

ファイルマネージャーで「wp-config-sample.php」を探し、ファイル名を「wp-config.php」に変更します。右クリックで名前の変更が可能です。名前を変更したら、「エディット」でファイルを開きます。MySQLで設定した通りに、database_name, username, password* の記述を変更、保存、ファイルを閉じます。*パスワードはユーザーのパスワードです。

(‘DB_NAME’, ‘database_name_here’);
/** MySQL database username */
define(‘DB_USER’, ‘username_here’);
/** MySQL database password */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password_here’)

ブラウザにhttp://yourdomain.com/wp-admin/install.phpと入力します。「yourdomain.com」部分は自分のドメイン名を入れます。
エラーがでたら、上記のdatabase_name, username, passwordのどこかが間違っていますので、コントロールパネルでMySQKデータベースをクリックして、この3つを確認します。パスワードは曖昧になってしまっていたら、再設定します。
wp-config.phpを開いて、正確に再入力し、ブラウザでhttp://yourdomain.com/wp-admin/install.phpを再トライしてください。「yourdomain.com」部分は自分のドメイン名を入れます。

言語を選択する画面が出たら、成功です。日本語を選択した場合、「ようこそ」画面が現れます。必要事項を記入します。サイト情報は後から変更できるので、ストレスなしです。
インストールボタンをクリックし、さあ完了です。


記入したメールアドレスにWordPressから「新しい WordPress サイトの設置に成功しました」と、通知が入ります。管理者としてログインしてみましょう。

3. お好みテーマの選択

WordPressから届いたEメールに管理者のログイン先がリンクされています。クリックしてユーザー名とパスワードを入れるとWordPressで作成されたサイトをカスタマイズする『ダッシュボード』が現れます。

まず、「外観」から「テーマ」をクリックします。WordPress4.7をインストールした場合、「Twenty Seventeen」が「現在のテーマ」として入っています。別の選択として「Twenty Fifteen」と「Twenty Sixteen」が用意されていますので、サイドバーの位置などを考慮してお好みのテーマをクリックして「有効化」ボタンをクリックすると、テーマが糸も簡単に変更されました。実際にサイトを表示して違いを見てみましょう。

お好みのテーマが見つからなかったら、この「テーマ」で上に位置する「新規追加」ボタンで既存のテーマを検索、インストール、有効化しましょう。

さらに、検索には出てこなかったけど、外部サイトで気に入ったテーマを追加することも可能です。アフィリエイターに人気のあるStinger というテーマは無料版と有料版がありますが、無料版で試してみると良いでしょう。やり方はこちら→テーマStingerで外観を変更する


さらに、お気に召さない場合は「新しいテーマを追加」をクリックし、新たなテーマをインストールしてからテーマを変更しましょう。

4. サイトのカスタマイズ

「外観」ー「カスタマイズ」をクリックします。先ほど選択したテーマのカスタマイズすることができます。
まず、『サイト基本情報』でサイトのタイトルを付けます。キャッチフレーズは入れても入れなくても良いです。サイトアイコンはブラウザのURLの前に付く小さいロゴのことです。あれば是非入れたいですが、なければ無しでも支障はありません。記入が終わったら上の『保存して公開』ボタンを必ず忘れずにクリックしましょう。

『<』で戻って、残りのカスタマイズをします。
『色』でサイトの背景色が設定します。
『ヘッダー画像』では「画像の非表示」でヘッダーなしも可能ですが、せっかくなので試しに手持ちの画像をで入れてみましょう。手順を説明します。「新規画像の追加」をクリックすると「メディアライブラリ」が開きます。別タブの「ファイルをアップロード」を選択し、ヘッダーに使いたい手持ちの画像をドロップします。『選択して切り抜く』ボタンをクリックし、次の画面でサイズに切り抜きが終了すると、カスタマイズ中の『ヘッダー画像』で「アップロード済み」に追加されます。
後は画像を「現在のヘッダー」の点線枠にドラッグ&ドロップし、『保存して公開』ボタンをクリックすれば、新しいヘッダーがサイトに入りましたね。

他にもサイドバーをカスタマイズする『ウィジット』等が用意されています。自己紹介を入れたり、コンテンツの並びかたを変更したりすることができます。さらに、アフィリエイトのコードを挿入することも可能です。
テーマによって異なりますが、大抵の初期設定ではサイドバーに「検索」、「最近の投稿」、「最近のコメント」、「アーカイブ」、「カテゴリー」、「メタ情報」がずらっと入ってます。変更したい場合は「ウィッジット」の「サイドバー」を使います。ドラッグ&ドロップで移動させます。例えば、「メタ情報」が必要なければ、クリックして「削除」を選びます。削除しても左下の「使用停止中のウィジット」に移動するだけなので、元に戻したければ「xウィジットを追加」で戻せます。
*ウェジットの初期設定の配列はご使用ののテーマによって多少異なります。

コメント欄をごっそり消したい、コメント欄は必要ない、という人には『プラグイン』を使う方法をおススメします。やり方はこちら→コメント欄をごっそり消す方法

5. 最初の記事を投稿

試しに記事を投稿してみましょう。
WordPressのログイン管理画面で「投稿」をクリックし、タイトル「Hello World」を試しに「はじめに」と日本語で書き換えてみます。他の日本語タイトルでも構いません。
右メニューの「更新」ボタンをクリックすると、記事がアップデートされました。

投稿の際、タイトル欄の下に「パーマリンク」というURLにお気づきでしょうか?
このパーマリンクが投稿ページのURLになります。現在のテーマで初期設定は異なるのですが、URLのお尻が日本語になっていたり、日付になっていたり、投稿番号になっていたりしませんか?
あくまでも、好みですが、パーマリンクのお尻を編集したい場合はコチラを参照ください。

これで、サイトを始めることができます。カスタマイズはいつでも変更可能ですが、テーマを途中で変更すると、そのテーマのカスタマイズが必要になりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

-WordPress

関連記事

blog

スマホのスライド式メニュー

使っているテーマのスマホのヘッドメニューは、ドロップダウンメニューなので本文が隠れるのですね。ちなみにStinger8です。 そこで、簡単にスマホのヘッドメニューをスライド式に変更しました。 実際のと …

blog

複数のフッターを作成、表示、応用する

カスタムメニューのフッターメニューを複数作成する方法です。 フッターメニューは通常「 Home | About | Terms of Use | Contact」のシンプルなスタイルなので、フッター内 …

blog

WordPressのテーマで選択でトラブル

WordPressで作り替えたい古いサイトがあったので、Stinger8以外でやってみることにしました。 基本は現サイトからあまりイメージを変えずに、レシポンシブサイト(スマホ対応)にすることでした。 …

blog

投稿ページごとに違うサイドバーを表示

投稿ページごとや固定ページごとに違うサイドバーを表示 カテゴリーが沢山あって、一括でメニューを作成したら複雑になったので、カテゴリーAを選択したら、A関連だけのナビゲーションメニューをサイドバーに、カ …

WordPress更新エラー Briefly Unavailable…

WordPressのセキュリティやプラグインのアップデートを試みると、Briefly Unavailable For Scheduled Maintenance Error In WordPressが …

Author Profile
こつこつインフォの筆者こつ子です。
いつも兀々やってます。
出版関係のグラフィックデザイナー。
趣味はWebsiteを作ること、ヨガ、犬と山歩き、フルーツ酒作り。
読んでくれてありがとう〜!
**ご意見はこちらへ**