SEO対策

その1 サイトマップのエラー

投稿日:

Google ウェブマスターツールにログイン

リンクはこちら→ウェブマスターツールにログインします。
登録済みのウェブサイトのほとんどは「新しいメッセージまたは新しい重大な問題はありません。」とありました。

しかし、下記の画像の通り、一つは「プロパティの健全性に重大な問題が発見されました。」なんてこった〜!! 早急に治す必要があります。マジですかあ? WordPressで作成したサイトです。

完全なるrobots.txtの失敗

実はこれは予期してました。なぜかというと恥ずかしながら、ブラウザの検索結果に「A description for this result is not available because of this site’s robots.txt」と出てたんですね。robots.txtの何かが間違ってるということです。

さらに、トップページなどの固定ページのソースコードをチェックすると、<META NAME=”ROBOTS” CONTENT=”NOINDEX, NOFOLLOW”> になってるじゃないか!

完全にrobots.txtで検索されないようにブロックされています。
では究明していきたいと思います。

サイトマップとSEOプラグインをチェック

robots.txtは検索から除外するURLをコマンドするファイルですね。今回はWordpressということもあって、手作業でファイルを作っていないのです。このエラーサイトにはXML-Sitemapプラグインを使用し、自動で仮想robots.txtを作成しています。オプションを確認しても、ちゃんとチェックマークが付いてました。

他にmeta tagの自動作成で使用しているAll in One SEOプラグインにも色々機能があるので不具合があるのか疑い始めました。

まず、トップページが検索ブロックされてますから、ファイルを開きます。All in One SEOのオプションが記事の下に出るのですが、「Robots Meta NOINDEX」のオプションにはチェックマークがないので、これも問題ありません。

WordPressの検索エンジンがサイトをインデックスしない設定

あーーーーーッ!! 心当たりがありました。このサイトは古いサイトを残したまま長期に渡って作成し他ので、初期設定で検索にかからないようにした! した! した!

WordPressの『設定』から『表示設定」に入り、一番下の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」のチェックマークを外し、変更を保存しました。

wp

初歩的ミスでした。こんなこともあるさ〜
2〜3日ぐらいで、ちゃんとインデックスされているといいのですが・・・

スポンサーリンク

-SEO対策

関連記事

bird

SEO対策を一からやり直す!

サイトを作り変えたのを機にSEO対策を一からやり直すことにしました。2005年からウェブサイトを作り始めましたが、スマホ対策をしなかったので、何もかも時代遅れとなってしまい、グーグル検索ランキングは落 …

その2 Google アナリティクスを使う

Googleアナリティクス(ビジネス分析ツール)を使うのはSEO対策の重要ポイントですね。その1で紹介したGoogleサイトマップのエラーの確認、修正、再確認で最低1週間は要しますが、コツコツやればク …

Author Profile
こつこつインフォの筆者こつ子です。
いつも兀々やってます。
出版関係のグラフィックデザイナー。
趣味はWebsiteを作ること、ヨガ、犬と山歩き、フルーツ酒作り。
読んでくれてありがとう〜!
**ご意見はこちらへ**