WordPress

検索ボックスのphpをショートコードにして投稿や固定ページに入れる

投稿日:2017年4月9日 更新日:

lap WordPressでの検索ボックスの表示はphpコード、<?php get_search_form(); ?>です。phpコードを投稿ページや固定ページに書き込んでも表示されませんね。そこでショートコードに登録してページに[search]と書き込むだけで、表示可能にする方法がこちらです。さらにショートコードを中央寄り/センタリングします。

functions.phpに下記のコードを入力する

//検索ボックスのショートコード
function wcs_search_form_shortcode( ) {
get_search_form( );
}
add_shortcode( ‘search’, ‘wcs_search_form_shortcode’ );

投稿ページ、または固定ページに[search]を入力

-[search]と普通のテキストとして入力すれば検索ボックスが表示されます。

簡単ですね!

検索ボックスのショートコードをセンタリングする

悩みに悩みましたが、分かりました。cssでmargin: auto;にすれば良いのです。ついでに検索ボックスの最大幅を700pxにしました。あんまり長〜いと変ですから。単に幅を350pxならwidth:350px;とかにします。お好みでどうぞ。

#search {
max-width: 700px;
margin: auto;
}

スポンサーリンク

-WordPress

関連記事

blog

投稿ページごとに違うサイドバーを表示

投稿ページごとや固定ページごとに違うサイドバーを表示 カテゴリーが沢山あって、一括でメニューを作成したら複雑になったので、カテゴリーAを選択したら、A関連だけのナビゲーションメニューをサイドバーに、カ …

blog

サーバーのセキュリティーをパーミッションで強化

WordPressのセキュリティーについてはこちらで書きましたが、サーバーのセキュリティーも重要です。初期設定ではクラッカー&ハッカーに狙われますので、コントロールパネルでパーミションを変更しましょう …

blog

ブログを始める

自分のブログ=サイトを始める 後々にアフィリエイトで収入を得たい人は特に自分が運営する独自のウェブサイトを作成たいですよね。 アメブロ等の無料ブログは便利ですが、アフィリエイトに関しての規正があります …

blog

All in One SEOでディスクリプションとMetaタグを追加

ブログ運営に当って、SEO対策は重量です。Google等の検索エンジンにかからなければ、ブログを公開しても誰も見てくれません。そこで、All in One SEO Packプラグインを使って、「ディス …

blog

WordPressセキュリティ対策

WordPress 4.7以上のバージョンでちょっとしたセキュリティ対策が可能です。インストールの際に使ったWordPressのユーザー名と投稿者名が同じ場合、第三者にサイトを乗っ取られやすいくなりま …

Author Profile
こつこつインフォの筆者こつ子です。
いつも兀々やってます。
出版関係のグラフィックデザイナー。
趣味はWebsiteを作ること、ヨガ、犬と山歩き、フルーツ酒作り。
読んでくれてありがとう〜!
**ご意見はこちらへ**