アフィリエイト

アドセンス広告の配置

投稿日:2017年1月30日 更新日:

Googleアドセンスの広告スペースの数

良報!!2016年にGoogleアドセンスの1ページに対する広告スペースの数の規正が排除されました。

これで誤って規定より多く入れてしまったりする心配はなくなったのですが、果たしてページに多く入れるメリットはあるのでしょうか?

「数打ちゃ当る!」・・・と言いますが、実際は反対でした。2006年からGoogleアドセンスを採用しているサイトでやってみたことがあります。
まず、左右両方のサイドバーに4つ、記事欄に2つ、合計6つ配置しました。右のサイドバーは120×600の縦長をスペースがあったので、2つも連続して並べました。記事を閲覧するために、スクロールすると空欄だったので、ちょうど良いかと思ったのですが・・・しかも、それまでは合計3つだったので倍の広告数で、倍の報酬に!

しかし、結果は・・・

大失敗!
クリック率(CTR)が急降下!!
報酬は完全なる逆効果でした。

やはり、合計の広告数は4つ以内に留めておきたいですね。

これまでの経過でクリック率が一番高いのはトップページのヘッダーの下、記事上です。スマホではページを開いた時に大きく広告がドーンと表示されるのは誤クリックを誘導するという理由で禁止されています。注意しましょう。

PCとスマホの最大幅の違い

広告スペースはPCとスマホで規定が違います。例えば、336x280pxの広告はPCで使用出来ますが、スマホでは300x250pxの広告が最大とGoogleに決められていいます。iPhoneの一部の機種は高画質なために、幅336pxだとスマホの画面からはみ出てしまうせいなんです。Androidではどれでも325pxでもキッチリ幅に収まってるんですけどね・・・
やがて時代は代わり、どの機種でも336pxが使えるようになると良いですね!
*iPadやタブレットは画面から336px幅でもはみ出ないので、問題ありません。

「PCは最大幅325px広告、スマホは最大幅300px」というのを常に頭に置いてサイトを編集管理しましょう。大きければ良いのか?という点については、クリック率からみると「Yes!」という答えになります。300x250pxに設定してみましょう。
しかしながら、「記事の字数が少ないのに大きな広告」は良く有りません。記事の上中下に広告を2つ入れるなら、400字以上の記事を書きましょう。

記事中の広告の注意点

記事中に広告が配置する場合は「スポンサーリンク」と表示しましょう。
Googleに誤クリックを誘ったという扱いになり、警告や停止処分になりかねないとのことです。大手さんのサイトで「あれ?これ禁止では?」と疑問に思う事がたまにありますが、大手さんは別扱いなので同じことをやると、Googleアドセンスから除籍〜という結果になるので、気をつけましょうね。

スポンサーリンク

-アフィリエイト

関連記事

コツコツと在宅で稼ぐ

アフィリエイトを開始したのは2006年7月でした。もう10年以上なるんですよ。ビックリです。 当時はGoogle Adsenseぐらいしか知らなかったので、とりあえず、趣味で運営しているペットサイトに …

blog

簡単に素早くアドセンスを設置する方法

2016年にGoogleアドセンスの1ページに対する広告スペースの数の規正が排除されたことはコチラで紹介しました。数を入れすぎてご法度!の心配はありませんね。WordPressのテーマのウィジッドを使 …

SNSとGoogle 検索ランキングは関係ない

直接的にSNSとGoogle 検索ランキングは関係ないです。 理由はグーグルはファイスブックやツイッターのリンク、アカウントやアクセス数を検索ランキングの決定に考慮していないからです。(2017年4月 …

代表的なアフィリエイト

代表的なアフィリエイト 4つの代表引きな人気のあるアフィリエイトです。特徴と報酬の仕組みを簡単にまとめました。Googleアドセンスなんかは既存のWebサイトにちょっこり広告スーエスを提供してみると、 …

その2 Google アナリティクスを使う

Googleアナリティクス(ビジネス分析ツール)を使うのはSEO対策の重要ポイントですね。その1で紹介したGoogleサイトマップのエラーの確認、修正、再確認で最低1週間は要しますが、コツコツやればク …

Author Profile
こつこつインフォの筆者こつ子です。
いつも兀々やってます。
出版関係のグラフィックデザイナー。
趣味はWebsiteを作ること、ヨガ、犬と山歩き、フルーツ酒作り。
読んでくれてありがとう〜!
**ご意見はこちらへ**